相手の記憶に残るプロフィールカード&自己紹介

えーっと、どちら様でしたっけ?/イメージ

あなたは、一生懸命話しているつもりでも、相手の記憶に残らない話し方をしているかもしれません。

記憶に残らないということは、思い出してもらえないということ。
印象が薄い人に、また会おうとは思わないものです。

婚活の場では避けたいところです。
では、どうすれば良いでしょうか?

記憶に残らない自己紹介

婚活バスツアーや婚活パーティー等では、プロフィールカードを交換してお話しすることが多いです。
その際に

  • 名前は○○です。
  • 何年生まれの何歳です。
  • 血液型はA型
  • 趣味は読書と映画鑑賞
  • 仕事は営業、または事務職

というように、名前だけ書き換えたら誰だったのか、記憶に残らない自己紹介はやめましょう。
「私は凡人Aです」と言っているのと何ら変わりません。

当たり障りのない平凡な自己紹介だと、あなたは映画のエキストラ、通行人Aと同じです。
あるいはインビジブル(透明人間)、存在しないのと同じです。

誰でも書きそうな内容だと、よほど若くて綺麗か、イケメンじゃない限り、顔も名前も覚えてもらえません。

ポイントは、「ああ、あの○○さんね!」と思い出してもらえるような、インパクトを残すことです。

では、どうすれば相手の記憶に残る自己紹介が出来るのでしょうか?

記憶に残る自己紹介のポイント5つ+1

初対面では、誰もあなたのことを知りません。
それに、婚活の場ではライバルも大勢います。
その中で、相手に覚えてもらい、好印象を持ってもらうためには、どうすれば良いのでしょうか。

あなたが、その他大勢ではなく、意中の人の記憶に残るようにするためには、どうすれば良いのでしょうか。

人は、感情とセットだと忘れにくくなるものです。
そこで、相手の感情を動かし、あなたのことを覚えてもらい、好印象を与えるためには、いろいろありますが、下記の項目を参考にしてみてください。

  • 意外性・希少性(普通じゃないこと)
  • ユーモア≠だじゃれ(オヤジギャグ)
  • ニュースや出来事と組み合わせる
  • 具体的に
  • ポジティブ表現
  • 自己紹介を何パターンか用意

一つずつ解説してみます。

意外性・希少性(普通じゃないこと)

平凡な内容だと、記憶に残りません。
意外性や希少性がないと記憶に残らないのです。

自分は有名人じゃないからしょうがないじゃない!
と思うかもしれませんが、自分が特別である必要はありません。

へぇーと思うようなこと、例えば

  • 出身地
  • 意外な有名人と遠い親戚とか
  • 有名人の家の隣とか
  • 有名な観光地の近く
  • 特技・趣味

のように、自分の身の回りのことでも良いのです。

それから、自分は普通と思っていても、他人からみると普通じゃないことがあります。

自慢と思われるかもしれないから遠慮していたり、あるいは大したこと無いと思っていることです。

例えば、趣味はジョギングです、でもいいのですが、
東京マラソンに出て3時間台でゴールしたことがあるんです。
と言うと、ジョギングしている人は、凄い!と思うかもしれません。

あるいは、関東に住んでいる人に「埼玉に住んでいます」と言っても「へぇー」で終わってしまいますが、「三重県の伊賀市出身です」と言えば、「おおー!忍者!」と、話が盛り上がるかもしれません。
自分自身は生まれも育ちも埼玉だったとしても、親の出身地が三重県の伊賀市出身でも良いのです。

三重県や愛知県に住んでいる人にとっては、何とも思わないかもしれませんが、関東の人にとっては身近に三重県出身の人が少ないので、新鮮に感じたりするものです。

そうすれば「忍者の◯◯さん」と覚えてくれるでしょう。

ユーモア≠だじゃれ(オヤジギャグ)

真面目な話もいいのですが、それだけでは退屈になるものです。
時々、笑いを入れると、あなたとの会話が楽しかった、という印象が残ります。

普段、人を笑わせようと思っていない人や、人と話す事が少ない仕事は、人を笑わせる練習が必要です。

テレビやネットの記事などをみて、クスッと笑った場合、自分が何に反応して笑ったのか自己分析してみます。

意外性や、突拍子もない発想に笑ったのであれば、自分用に応用して「今度、他の人に試しに言ってみよう」と覚えておきます。

例えば、自己紹介の際、「血液型はA型です」では、平凡すぎて面白くありませんが「マツコデラックスと同じA型です!凄いと思いません?あの、マツコデラックスと同じですよ!しかも、出身高校が一緒なんですよー」と、言えば「何バカな事言っているんだ?」と思いながら、笑ってくれるでしょう。

応用編として、相手が「A型です」といった場合は「おおー、マツコデラックスと同じA型ですね!」なんて言って笑いを取るのもアリですね。
※太った相手には別の芸能人にするなど、注意が必要です。

それで、しかめっ面で軽蔑するような眼差しで見られたら、その人は冗談が通じない人、ということです。

何を話せばいいか分からないのであれば、無理して笑わせる必要はありませんが
オヤジギャグ、つまりダジャレは、真夏でも寒くなりますので、極力言わないようにしましょう。

このように、人を笑わせるためには、頭を使う必要があります。
普段から、相手をもてなそうと考えたり、ネタを用意したりするので、学歴とは違う頭の良さ(知性)を感じたりして、あなたに好意をもつようになるものです。

お笑い芸人が人気なのも、そういうところがあるからかもしれませんね。

ニュースや出来事と組み合わせる

自己紹介の時に、ただ「32歳です」というより

  • 笑っていいとも!が放送開始した1982年10月4日生まれの32歳です!
  • 東京ディズニーランドが開業した1983年4月15日生まれの31歳です。
  • 綾瀬はるかと同じ1985年3月24日生まれの30歳です。

あるいは、マイケル・ジャクソンと同じ8月29日生まれです。

と言ったりすると、忘れられない自己紹介になります。

今は、ネットで検索すれば、何かしら見つかると思いますので、調べてみてください。

年齢だけだと、相手も「へぇー」で終わってしまいますが、このような出来事と組み合わせたりすると、あなたのことが相手の記憶に残ります。

このように、最近の話題や、過去のインパクトのあるニュース等に関連させるのがコツです。

具体的に自己紹介

自己紹介の際に

  • 仕事は事務職です。
  • 教育関係です。

というより

  • 旅行サイトのコールセンターのリーダーで、予約やクレーム対応しています。
  • 個別指導の学習塾で、高校生の英語や英検対策の先生しています。

などのように、具体的に何をしているか、ということまで話しましょう。
もちろん、仕事だけじゃなく、趣味や特技の話でも、具体的に話しましょう。

コツは、その自己紹介をしたとき、相手が「へぇ~、もっと知りたい。詳しく教えて!」というようなことです。

上記の例で言えば、「へぇー。どんなクレームがあるの?」とか「あなたは英検何級持っているの?TOEICを受けていたりするの?」なんて興味を持って、話を聞いてくるでしょう。

ここで注意をしないといけないのは、自慢話になってはいけない、ということです。

話を聞いている人が、「へぇー凄い!」と尊敬の眼差しで見るか「何よ、自慢話ばかりして」とうんざりするかは「他人を見下した態度・言動かどうか」です。

調子に乗って、自慢話をしないように気をつけましょう。

うっかり自慢になってしまった時は、自虐ネタとセットで言うと嫌味になりません。

ポジティブ表現

自己紹介の際、ネガティブな表現はやめましょう。

嫌いな芸能人、嫌いな食べ物、嫌いな映画…と、「嫌い」でものを語るのをやめましょう。
人は、基本的にポジティブな人が好きで、ネガティブな人からは距離を置きます。

ポジティブな考え、ポジティブな発言をしている人は、人間的なエネルギーが高く感じます。
人間的なエネルギーが高い人のそばにいると、自分も元気になるような気がして、その人と一緒にいたいと思うようになります。

自分が日常的に使っている言葉が、「でも、だって、無理、嫌い、出来ない」など、ネガティブなものじゃないか、意識してみてください。
もし、そういう言葉を多く使っているようなら、改善するように心がけましょう。
言葉のクセは、なかなか直りませんので、意識して直すようにしましょう。

自己紹介を何パターンか用意

1分、2分、3分で話せる自己紹介を、3パターンほど用意しておきましょう。

テレビのアナウンサーは、1分間に300~400文字を目安に話しているそうです。

1分なら300文字、2分なら600文字を目安に、考えておきましょう。

小学校の作文みたいに、文字数を稼ぐための余計な修飾語は入れず、ポイントを完結に、凝縮した自己紹介パターンを用意しておきましょう。

限られた時間で、自分の魅力を知ってもらうために、余計な情報を省き、上記のような記憶に残る情報を散りばめて、暗記しておきましょう。

そうして用意しておけば、いざという時に、相手の記憶に残る自己紹介ができるようになります。

記憶に残る自己紹介とは

記憶に残る自己紹介というのは

  • 自分のことを話して自己開示し
  • 相手との共通点を見つけやすくし
  • 何それ?もっと詳しく話を聞かせて?

と、興味を持たせるような話し方です。

その際に、意外性やギャップなど、感情を揺さぶるようなエピソードがあれば、あなたは忘れられない人になります。

一説には、記憶は感情とセットだと、何倍も残るそうです。
感動したこと、楽しかったこと、悲しかったこと、というのはいつまでも覚えていますよね?
でも、日常の平凡なことは、ほとんど覚えていないもの。

婚活の場に限らず、相手に自分を印象付けるためには、平凡ではいけません。

特に、婚活の場(婚活パーティーや婚活バスツアーなど)では、大人数の人と短時間で話すため、一通り全員と話したけど、「ほとんど名前と顔が一致しない」ということが起こりがちです。

意中の相手に、あなたを記憶に残すことが出来れば、その他大勢から抜け出すことができます。

また、流暢で印象に残る自己紹介だと「頭の回転が速い人」「仕事ができる人」と思ってもらえるものです。

平凡な人でも、表現の仕方によっては、相手の記憶に残るような自己紹介になりますので、一度、自分の自己紹介文を作ってみてください。

いつまでも婚活し続けている人は、平凡な自己紹介をし続けていないか、チェックしてみてください。

そこを改善すれば、今までより少しは上手くいくと間違いなしです。

関連記事

twitter

おすすめ記事

  1. 仲の良いカップル・公園で膝枕イメージ

    2016-2-16

    長続きするカップル&幸せ体質な人の習慣と考え方

    あなたは 異性とデートをしても、長続きしない。 幸せを感じることができない。 婚活で…
  2. 笑顔のカップル/イメージ

    2015-3-20

    なぜか男性にモテる雰囲気美人の特徴7つ

    同じ女性からみて、いい女なのに、なぜか男性にモテない人。 一方、特に美人という訳じゃないし、スタイ…
  3. 男女の会話・イメージ

    2015-2-1

    初対面の異性と何を話せばいいか分からない時の対処法

    初対面の人と話すのが苦手、という人は多いかもしれません。 一方、初対面でもすぐに楽しそうに会話をし…

婚活オススメ記事

  1. 2017-8-20

    モテない人必見!意図的にモテ期を引き寄せる法則

    誰が言い出したか分からないけど、人生には3度モテ期が訪れるそうで、ある調査では、約80%の人がモテ期…
  2. 乾杯イメージ

    2017-5-7

    婚活でライバルに差をつける!モテる幹事のススメ

    異性にモテる、モテないは、年齢や容姿だけではありません。 初対面の時は、判断基準がないので、見…
  3. プロポーズ・イメージ

    2016-10-9

    恋愛とか結婚とか婚活とか

    婚活して上手くいっている人というのは少数派です。 婚活を始めた頃は、半年くらいでいい人を見つけ…
ページ上部へ戻る