非常に迷惑なドタキャンする人10の特徴

ドタキャンする女性/イメージ

ドタキャン、つまり土壇場(どたんば)でキャンセルする人っていますよね?
やむを得ない事情でキャンセルするのは仕方ないのですが、そういうのは稀です。

普通は、ドタキャンになりそうだったら事前に連絡するか、迷惑をかけないようにしようとするものです。

でも、ほとんどの場合は、同じ人がドタキャンを繰り返し、悪いとも思っていなかったりします。

そして、ドタキャンの理由に信ぴょう性がありません。
嘘だというのがミエミエなのに、平気で押し通そうとします。

ドタキャンを繰り返す人は、信用されず、仕事はもちろん、プライベートな人間関係も壊してしまいます。

彼氏・彼女ができない、良い人がいない、婚活が上手くいかない、という前にドタキャン癖を直すのが先決です。

ここではドタキャンする人を

正当な理由がなく、嘘の理由をついて、予定の直前にキャンセルする人

と定義します。

そんな困ったドタキャンする人の特徴をご紹介します。

【正当な理由】体調が悪い、急用が入った

本当にやむを得ない事情でキャンセルする場合があります。

  • 身内に不幸があった
  • インフルエンザ等の病気になって高熱で動けない
  • 仕事等でトラブルがありそちらを優先させないといけない

などです。
これもドタキャンには違いないのですが、そういう理由でキャンセルされたなら、キャンセルされたほうも「それじゃ仕方ないね。お大事に。」なんて思うものです。
ドタキャンされたからといって、怒ったりすることはありません。

ドタキャンが悪いのではなく

  • ドタキャンの理由が嘘くさい
  • ドタキャンの常習犯
  • ドタキャンしても謝らない・埋め合わせをしない
  • 相手のことを考えない

などの理由から、ドタキャンの理由が信用出来ない、そもそも、その人が信用出来ない、というのが問題です。

信用していたのに、ドタキャンが続くと、友達をなくすことになります。

婚活も上手くいきません。

正当な理由でのドタキャンの場合、後でフォローの連絡や、別の日に予約するなど、埋め合わせがあるもの。
それがない場合は、嘘を並べ立てて、その場しのぎの理由を言っているだけです。

物忘れが多く自己管理が出来ていない

先に約束したことを忘れて、後から同じ日・同じ時間に予約を入れてしまい、忘れてしまうタイプです。

ダブル・ブッキング(二重予約)したことを直前に思い出し、片方の予約を、嘘を並べてドタキャンするのです。

あるいは、先に予約があったけど、後から入った予約を優先し、先の予約を断りきれず、ギリギリになってドタキャンするのです。

普段から、メモを取らない、予定を入れた時点で、スケジュール帳等に書き込まない人に多い傾向です。

逃げグセ辞めグセがある

アルバイトや仕事で、ちょっと嫌なことがあった時、正式な手続きを取らず、逃げるように辞めたことがあり、それを繰り返したことがある人は、それに慣れてしまい、ドタキャンすることに抵抗がなかったりします。

そんな人は、マイナスなことや、不安なこと、将来のこと、いろいろネガティブなことを考えすぎてしまうことにあります。

本人も、そんな自分が嫌で、直したいのに繰り返してしまい、自分を責めているのかもしれません。

でも、自分を責めてしまうと、自己否定してますます自分に自信がなくなり、どんどん不安が大きくなってしまいます。

悪い方向に考えないようにしましょう。

面倒くさがりで時間にルーズ

よくドタキャンする人は、普段から時間にルーズだったりします。

仕事では時間ギリギリに駆け込む、あるいは遅刻する。
プライベートでは約束を忘れたり、寝坊したり、毎回遅れるのが当たり前で、気分でドタキャンする常習犯だったりします。

周りの人も最初は怒ったり注意をしていたのに、それが習慣になり、ちょっとやそっとでは注意をしなくなります。

そして、あまり注意されない=あまり悪いことだと思っていない、になり、遅刻やドタキャンの常習犯になっていきます。

物事を気分で決める

ドタキャンする人のほとんどは、ここに当てはまるものと思われます。

約束した時点ではいいな、と思ったけど、直前で乗り気じゃなくなった。

相手が、どの位の時間とお金をかけたのか、想像が出来ないのかもしれません。

それより、自分のその時の気分が最優先するということです。

そういう人とお付き合いしても、今後、ずっと気分に振り回されることになります。

物事を気分で決める傾向が強い人は、あなたの気分に振り回される周りの人のことを、少し考えるようにしましょう。

八方美人で断ることが出来ない

本当は断りたいのに、嫌われるんじゃないか、怒られるんじゃないか、と勝手に想像し、とりあえずOKを出す人がいます。

また、相手の好意を無下に断ることが出来ず、断ると嫌な人だと思われるんじゃないかと思い、約束を受けたりします。

後で断ろうと思っても、結局断ることが出来ず、日にちが経ち、結局直前になり、ドタキャンする羽目になります。

ドタキャンの連絡をするなら、まだマシな方ですが、断りの連絡の際、相手に責められるんじゃないか、と怖くなり、不安になり、連絡を取らずに音信不通になったり、拒否したり、電話が来ても出なかったりします。

女性や、最近の若い男女に多い傾向があります。

でも、一度OKした後に断る、という事になったとき、たまに執拗に相手を責めたりする人がいるのも問題です。
押しが強く、婚活が上手くいっていない男性に多い傾向があります。

そうやって執拗に責める人がいるから、怖くて断れない→いったんOKする→でも断りたい→連絡したら怒られそう・責められそう→怖くて連絡出来ない→音信不通(ドタキャン)、ということが増えるのかもしれません。

八方美人で断ることが出来ない人は
あなたが断るから相手が怒るのではありません。
その気も無いのにOKしておき、後で断る(あるいは無視する・音信不通になる)から相手に不信感を与え、怒るのです。

ある意味、八方美人とは、嘘つき、とも言えるかもしれません。

相手からのお誘いを正直に断ったとしても、相手が怒ることはありませんので、その気がないなら、自信を持って断るようにしましょう。

他人に迷惑かけることを何とも思わない

デートをするにしても、相手がデートプランを考える場合

景色が良くてリラックスできる場所はどこか、雰囲気がよくて落ち着いて話ができるレストランはどこか、と考え、下見をしてレストランの予約をし、チケットを買って用意し、時間をかけ、お金をかけ、ウキウキしながら楽しみにして準備していたりします。

レストランは、予約が入ると席の確保をし、他のお客様の予約を断り、準備しています。

場合によっては、いろんな人が関わっていたりするのですが、ドタキャンする人は、身勝手な理由で簡単にキャンセルするわけです。

他人に迷惑がかかっていることを、何とも思っていないのです。

口では「ごめんなさい」と謝るのですが、心の底から悪いと思っていないことぐらい、相手は分ります。

もちろん、本当に急病になった、身内に不幸があった、など正当な理由があってキャンセルするのは構わないのですが、大抵は正当な理由を装った嘘の理由でキャンセルするから、人間的に信用できなくなり、周りから人が去っていくのです。

嘘がバレていないと思っているのは本人だけです。

他人に迷惑かけていることが分からない

表情や言葉のニュアンスから、相手の気持ちや考えをくみ取ることが苦手な人がいます。

話をしていて、相手がつまらなさそうな顔をしていたり、退屈そうな顔をしていたり、目を合わさなかったり、笑顔じゃなかったりすると「あ、この話はつまらないんだな」と理解して、話題を変えたりするものです。

ところが、まれにそういうことを理解できない人がいます。

そういう人には、ドタキャンすることが、どれだけの人に迷惑がかかるのか、教える必要があるでしょう。

優先順位の問題

ドタキャン常習犯でも、本当に好きな人・大切な人との約束は絶対にドタキャンしないものです。

頭の中で、自分の好きな人や、自分にメリットのある人の約束を優先させ、それ以外の約束を、その場しのぎの適当な言い訳をして断ります。

デートの約束をしていたら、ことわり文句が「ごめんなさい、その日は友達との約束が入っていて…」というのは、あなたより友達が優先、つまり友達以下、ということです。

友達との約束や、異性とデートの約束はドタキャンするのに、これが嵐のコンサートなら、這ってでも行くでしょう。

心を病んでいる

婚活が上手くいかない、ということが長期間続くと、婚活に疲れたり、心を病んだりすることがあるかもしれません。

精神的、情緒的に不安定になると、婚活イベントの当日やデート当日に、訳もなく不安になり、思考が停止し、行動できなくなり、連絡さえできなくなるもの。

こういう場合は、婚活をしても悪循環になるので、しばらく婚活を休むことをオススメします。

ドタキャンする人

ドタキャンする人は

  1. 自分の損得のみ考えている自己中な人
  2. その日の気分やノリで物事を判断する、ルーズな人
  3. 過剰に心配しすぎる人

が多いものです。

1番の自己中な人は、婚活の場で選ばれることはありません。
もし、選ばれることがあれば、それを見抜けない人だった、ということです。
でも、しばらく付き合うとバレますので、長続きはしないでしょう。

2番のように、気分で物事を決める人は、自分のペースで物事をすすめ、他人の気持ちを理解する能力が欠けています。
そういう不誠実な人が、誠実な人と結婚したい、と思っても、土台無理な話です。

3番のように、心配しすぎる傾向の人は、真面目過ぎる人が多いかもしれません。
精神的な病かもしれません。
婚活をいったんお休みして、元気になってから婚活を再開しましょう。

いかがでしょうか。

普通にお仕事をしていると、余程のことがない限り、ドタキャンというのは、あまり有りません。

ところが、プライベートや婚活のこととなると、軽く見て平気でドタキャンする人がいます。

その理由のほとんどが、相手や他人の迷惑を考えない、考えても自分の気持ちを優先させる、自己中心的なことだったりします。

恋愛も、婚活も、仕事も、結婚後の生活も、全ては人間関係です。
人間関係は、信頼で成り立っています。
その信頼を失うのが「嘘」です。

ドタキャンの際の理由は、正当な理由の場合を除き、「嘘」を付きます。

なので、ドタキャンの常習犯は、信頼が無くなり、人間関係を壊してしまうのです。

つまり、婚活も上手くいくことがありません。

ドタキャン癖のある人は、婚活が上手くいかない、と嘆く前に、ドタキャン癖を今すぐ直すようにしましょう。

※ドタキャン常習犯は、婚活バスツアーには参加しないでくださいね。非常に迷惑ですので。

関連記事

twitter

おすすめ記事

  1. 仲の良いカップル・公園で膝枕イメージ

    2016-2-16

    長続きするカップル&幸せ体質な人の習慣と考え方

    あなたは 異性とデートをしても、長続きしない。 幸せを感じることができない。 婚活で…
  2. 笑顔のカップル/イメージ

    2015-3-20

    なぜか男性にモテる雰囲気美人の特徴7つ

    同じ女性からみて、いい女なのに、なぜか男性にモテない人。 一方、特に美人という訳じゃないし、スタイ…
  3. 男女の会話・イメージ

    2015-2-1

    初対面の異性と何を話せばいいか分からない時の対処法

    初対面の人と話すのが苦手、という人は多いかもしれません。 一方、初対面でもすぐに楽しそうに会話をし…

婚活オススメ記事

  1. 2017-8-20

    モテない人必見!意図的にモテ期を引き寄せる法則

    誰が言い出したか分からないけど、人生には3度モテ期が訪れるそうで、ある調査では、約80%の人がモテ期…
  2. 乾杯イメージ

    2017-5-7

    婚活でライバルに差をつける!モテる幹事のススメ

    異性にモテる、モテないは、年齢や容姿だけではありません。 初対面の時は、判断基準がないので、見…
  3. プロポーズ・イメージ

    2016-10-9

    恋愛とか結婚とか婚活とか

    婚活して上手くいっている人というのは少数派です。 婚活を始めた頃は、半年くらいでいい人を見つけ…
ページ上部へ戻る